スマホで手軽にデジタル終活|ソフトバンク フェニックスガーデンうきのじょう

softbank_eyecatch

スマートフォンの普及に伴い、「デジタル終活」という言葉を耳にする機会が増えてきました。(※以下、スマートフォンをスマホに略称)

スマホは手軽にさまざまなサービスを利用でき、データを保存することが可能です。しかし、本人が亡くなってからデータの整理や手続きなどでトラブルが発生することも多く、生前からデジタル終活に取り組むことが注目を集めています。

「ソフトバンク フェニックスガーデンうきのじょう」では、スマホ教室を通してデジタル終活の重要性や、スマホを使ったエンディングノートの管理などをご提案しています。

softbank店内

今の時代だからこそ取り組んでおきたいデジタル終活

デジタル終活とは携帯電話やスマホ、パソコンなどに保存したデータ(情報や写真・パスワードなど)を生前のうちから整理しておくことをいいます。

大切な人が亡くなったときには、残された家族や親族で遺品の整理を行いますが、スマホやパソコンには故人の情報が大量に残されています。こうした「デジタル遺品」の中には、家族や親族に見られると困る情報が残っているケースも少なくありません。

また、サービスの解約に必要なアカウントやパスワードが分からず、手続き上のトラブルの原因にもなります。近年では仮想通貨や株取引もスマホで利用でき、急な不幸により残された家族が金銭的なトラブルに巻き込まれるといった事例も増えてきました。

さまざまなサービスをスマホで手軽に利用できる時代だからこそ、本人はもちろん、残された家族のためにもデジタル終活に取り組んでおくことが大切です。

デジタル終活の一歩目は「書いて」保管すること

デジタル終活の第一歩は、スマホを操作するためのアカウントやパスワード情報を「書いて」保管しておくこと。携帯ショップでは、個別のアカウントやパスワード情報までは管理していません。原則として再発行は本人のみに限られるため、ご家族が解約手続きの際、泣く泣くデータごと諦めるケースが多いといわれます。

いざというときに備えるためにも、アカウントやパスワード情報を「書いて」保管することから始めてみましょう。

スマホ教室で疑問や悩みを丁寧に解決

ソフトバンクフェニックスガーデンうきのじょうでは、スマホに関する操作や疑問にお応えするスペシャリスト「スマホアドバイザー」によるスマホ教室を無料で開催しています。

スマホを初めて持つ方だけでなく、デジタル終活を行う方にも役立つ、スマホのデータやサービスに関する取り扱い・整理についてもご提案。デジタル遺品にまつわるトラブルを防ぐために今何をしておくべきか、相談することも可能です。

スマホ教室

教室は予約制によるマンツーマンでの開催なので、スマホに関する疑問や不安について気軽に相談することが可能。画面の操作方法や音声入力の方法、写真・動画の撮影方法、各種アプリの使い方など、約1時間、要望に合わせてスマホに関する情報を一から丁寧に説明してくれます。

  • スマホ教室のご予約は電話・Webから受付
  • ソフトバンクユーザーの方以外でもご利用可能

デジタル終活でスマホライフをもっと楽しく

「操作が難しそう」という理由で、スマホを敬遠する方も多いですが、直感的に操作できるスマホは使い方に慣れさえすれば、どの年代でも楽しめるツールです。

アプリを使ってエンディングノートや日記を記入するほか、ご家族や友人とビデオ通話を楽しんだり、写真や動画を撮影するなど毎日の生活に新しい刺激を加えることができます。

便利で手軽に使えるからこそ、スマホの適切な使い方や、データの取り扱いについて正しく知り、いざというときのトラブルに備える必要があります。生前からデジタル終活を行うことは、ご自身の大切な情報や、残される家族を守ることにもつながるのです。

デジタル終活はもちろん、スマホのことで相談があれば、ソフトバンクフェニックスガーデンうきのじょうにお気軽にお問い合わせください。

>>LINEのお友達登録はこちらから

softbank外観

名称 ソフトバンク フェニックスガーデンうきのじょう (HP)
住所
〒880-0844 宮崎市柳丸町152番
電話 0985-60-6758
営業時間 午前9時~午後6時
定休日 第2・第3水曜日
2021.05.21更新
一覧に戻る